2008年08月24日

下小屋で 小屋組の地組み

小屋組の地組み

刻んだ部材をあらかじめ組んで細部の調整をするために小屋組みが地組されました。
屋根の基本の形は切妻ですので、骨組みの組み方等には特殊なこともないと思っていましたが、いろいろ細部で棟梁の工夫があることがわかりました。

s-1997_t05_001.jpg

棟梁は、設計図にボールペンで書き込みして、いろいろな部分で細かな部分の検討をしていることを知り、ちょっと驚きであるとともに、うれしい気持ちになりました。

s-1997_0614_115.jpg

今までに見たこともない部品も目にすることができワクワクしてきました。

s-1997_0705_335.jpg
[工藤棟梁]

[1997.06.14]


posted by 太郎丸 at 17:03| 所沢の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。