2008年08月12日

基礎工事…地下に駐車場

基礎工事…地下に駐車場
敷地の条件から駐車場は建物の下にしなければなりませんでした。基準法からが斜線で建物全体の高さと立体的な形の制限が出てきます。
可能な限り、駐車場は地下に作りたいわけですが、道路からの進入するための引き込みの勾配など関係からは、そんなに低い位置にもできない場合もあります。
鉄筋コンクリートでしっかりとした箱を作ることで、半地下として駐車場を確保しています。
基礎工事…地下に駐車場
車の出入り口に支障ない程度のぎりぎりに入り口の高さを決めました。1階床スラブにはあえて段差を設けて、各階の階高に問題ないような高さ関係を割り出しています。
このスラブの段差は、1階の居間と和室(寝室)との間の段差として使うことによって、二つの空間を適度に区切りながらも一体的な空間として作ることを可能にしました。



posted by 太郎丸 at 19:27| 所沢の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。