2008年08月11日

遣り方

地鎮祭の前後には、施主立会いで敷地境界線の再確認と、その基準線から建物位置の確認を行っています。
特に、所沢の木の家の敷地条件は厳しいこともあって、しっかりと確認しておきたいところでした。

遣り方

遣り方貫の高さ決めは、レーザーレベルで行っています。
直角出しはトランシットを使いましたので、正確な墨だしが行われました。

遣り方



posted by 太郎丸 at 18:40| 所沢の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。