2008年07月15日

所沢の木の家普請中

「所沢の木の家」の普請の記録です。
架構模型

立替による家づくりとなりました。ご家族はご夫妻に成人のお子さん3人。
敷地は23坪で、地下にコンクリートの駐車場を設けて、その上に2階建ての木組みの家を乗せる計画となりました。
狭小な敷地でもあり、北側斜線、道路斜線など法的な条件をぎりぎりクリアしながら、欲しい容積を確保するために立体の形は決まっています。
構造材は、飯能の岡部材木店でストックしている吉野スギで並材4m定尺の5寸角材のみで構成するという、山との連携をテーマにした取り組みになりました。これは、それらの材であれば完全に天然乾燥材で供給してもらえるということからのチャレンジでもありました。
構造材から課せられた条件は、そのまま架構形式に工夫をしなければならないことにもなりました。
また、木をふんだんに使かい、木の持つ吸湿、放湿の性質を十分に生かすために、厚さ4cmの板を壁材として積極的に用いることにもチャレンジしています。
肘木による架構

■主な特徴
・地下駐車場(コンクリート造)
・架構を構成する柱、梁の構造材は4m定尺の5寸角材を主とする。
 ※工事の過程で6寸角材の入手が可能となってこともあり、2階床の主梁のみ断面の
   変更を行う。
・肘木架構による床組構成
・厚板により板壁の構成。外周部および内部にも片面は、そのまま仕上げとする。
・狭いからこそ広く使う、広く感じる工夫による空間計画。(木住研の基本テーマです)
・大工技術の多様性を実感できる木組みの家となっている。
 ※設計段階の意図を工藤棟梁がそれ以上の仕事として取り組んでもらえたことによって、
   木造架構の可能性を見せてもらえた現場となりました。 

設計:一級建築士事務所 木住研
施工:(株)増建
材木:岡部材木店


■主な工程へジャンプ
・基礎工事
・建て方
・屋根工事
・左官工事
・完成

◆全工程いっき読み
※所沢の木の家情報シート

posted by 太郎丸 at 17:30| 所沢の木の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする